『 極真空手 』

自分は小学1年生の終わりに極真館に入門しました。体を動かすことが好きだった自分に、父が空手を勧めてくれたのがきっかけです。入門して最初の頃は、大きな気合も出せず、毎回の稽古がとてもしんどかったです。でも、少しづつ仲間が増えて大きな気合も出せるようになり、稽古を楽しく感じるようになりました。

初めて出場した大会では、緊張しかありませんでした。でも優勝できて、初めて勝ちの喜びを味わう事ができました。しかし、この後は思い通りにはいきませんでした。初級の部から上級の部に変わると、試合で結果を残すことができなくて苦しい日々が続きました。この時初めて 「空手をやめたい」 と思いました。そしてそれを父に言いました。すると父は、「自分が一度空手をやりたいと言ったのなら最後までやり通しなさい」 と言いました。この言葉を聞いて、自分が納得するまでやらないと後悔すると思いました。それからは気持ちを入れ換えて稽古をしました。

中学1年生の時に出場した全関西錬成大会では、久しぶりに決勝に残ることができました。決勝の相手は、自分が小さい頃から目標としていた颯志でした。颯志は世界大会や全日本大会で結果を残していて、練習試合などでは戦ったことがありましたが、地方大会では戦ったことがありませんでした。だから戦えてうれしかったです。そして試合をするとやっぱり颯志は強くて、簡単に負けてしまいました。その時はとても悔しかったです。それから必死に稽古をしました。

1年半後、ついに昇段審査を受ける事が決まりました。自分が一つの目標としていたことだったのでとても嬉しかったです。昇段審査当日、自分が昇段するにあたって、たくさんの人がお手伝いや組手の相手に来てくれました。だから悔いの残らない良い昇段審査にしようと思いました。

審査が始まる前から緊張しました。失敗したらどうしようなどの不安でいっぱいでした。しかし、周りにいたみんなが応援してくれたので少し緊張がほぐれました。いざ審査が始まると筆記・基本・移動・型・補強と順調に進んでいきました。そして最後の10人組手が始まりました。自分が想像していたよりもっとしんどかったです。三人目から息が上がっていてこのままだと危ないと感じましたが、技有りが取れて何とかいけました。後半は必死に技を出し、無事に終えることができました。そして黒帯になる事ができました。

この黒帯は、自分一人でとることは絶対にできなかったと思います。なぜなら、稽古に行くと毎回熱心に教えてくださる谷口先生。一緒に汗を流してきた道場の仲間。何より家族の支えがあったからこそだと思います。小さい時、なかなか試合で勝てなかった自分が空手を辞めたいと言った時、父が止めてくれたことを今でも感謝しています。

でもこれがまだゴールではありません。自分は黒帯いとうスタートに立っただけです。だから、これから黒帯をしめて頑張っていきます。

045_201508110133048e2.jpg

スポンサーサイト
『 空手道 』

僕が空手を習い始めて8年がたちます。習い始めの頃、僕は大会に出てもなかなか勝てませんでした。しかし、僕より先に習っていた晃大は、いい成果をあげていました。僕は基本から真面目にやり、晃大に勝ちたいという気持ちでやっていました。

そして、1年生の時から始まった「全関西錬成大会」。僕はこの大会で初優勝しました。それも晃大を倒して!しかし、そこから4年生までは、決勝まで行きますが勝ちきれませんでした。4年生の「大阪挑戦大会」で、僕は久しぶりの優勝をしました。この勝利から僕のモチベーションは上がります。

翌年の全日本大会では、初めての入賞をしました。この入賞のおかげで僕は達ちゃんと、韓国ソウルで行われるアジア大会に出られることになりました。僕は今まで以上に厳しい練習をし、大会に臨みました。初めて海外に行くという事もあり、緊張がたえませんでした。
大会当日、不安も背負いながら一生懸命外国人に挑みました。出場人数もかなり多い中、僕は海外初優勝しました。同時に達ちゃんも準優勝し、良い成績をもって日本に帰ることが出来ました。

僕はこの年、出る大会全部で賞をとれました。それは、勝てなかった時期にもあきらめずに続けてきたからだと思いました。勝てなかった僕を続けさせてくれた親、一緒に練習してきた道場のみんな、僕に空手だけでなく色々な事を教えてくれた先生には、感謝で頭が上がりません。

そんな僕も先日、昇段審査を受けました。晃大、侑也、達ちゃんと一緒でした。基本稽古、柔軟、補強、型、護身術、そして10人組手をしました。僕達4人は、今までの練習の成果をすべて出しました。

僕達の10人組手のために、同じ関西の仲間や、色んな支部長達が相手をしに来てくださいました。本当にうれしかったです。僕はこれから先もこの昇段審査の出来事忘れません。そして、僕の空手人生に関わってきた人に、これから先も感謝します。

みなさんのご協力と応援のおかげで見事昇段審査に受かることが出来ました。

僕はこれから先、新しく届く黒帯を巻いてがんばっていきます。

144.jpg


『黒帯になるため、そしてこれから』 

僕が空手を始めたキッカケは、兄でした。兄が空手の稽古をやっているのを見ていて、楽しそうに思って自分もやってみたくなったので始めました。最初は、基本稽古、移動稽古、型稽古、ミット打ちなどをやっていて、あんまりキツくないなち思っていました。でも組手を知ると、楽だなと思っていたのがすぐに変わって、「こんなにキツイい事をするんだ」と思いました。

空手を始めて初めての試合が奈良の大会でした。決勝までは順調に勝ち進みましたが、決勝戦になると急に緊張してしまい、全く体が動かなくなってしまいました。そして一本負けをしてしまい、号泣していたのを憶えています。その時の自分は一回泣き出すと泣きやむのが遅く、表彰式までに泣きやまそうとする親は大変だったと思います。でも、初めてのトロフィーを手にした時はすごくうれしかったです。それでもやっぱり準優勝がくやしくて、次の稽古からいつも以上に練習をしました。

小学生になって「選手クラス」に入ると、今まででは考えられな位きつい練習でした。その練習で泣いたり心が折れた事が何度もありました。でもこの練習のおかげで心が強くなり、試合でも勝てる回数が増えてきました。ここまで強くなれたのは、いっしょにがんばってきた仲間、送り迎えをしてくれた母親、指導して下さってる谷口先生がいたから自分はここまで強くなれたと思います。

中学生になり先生から、「昇段審査を受けなさい」と言われた時はすごくうれしかったです。でも、それから練習がすごくきつくなり、特に10人組手のリハーサルが終わってから先生に「本番はこれの2倍くらいきついからな」と言われた時は絶望しました。

審査当日。基本稽古、移動稽古、型、組み棒、護身術、柔軟、補強と順調に進み、最後の10人組手ではトップバッターで緊張しました。最初の3人は受け返しをしっかり行い順調でした。4人目、5人目で少ししんどくなり、体が動かなくなりました。6人目、7人目まではなんとか動きましたが、8人目からしんどくなり、9人目で完全に体が動かなくなりました。でも、回りの人の声援で、10人目でラッシュをかける事ができました。終わってから先生に「がんばったな」と言われた時はすごくうれしかったです。

応援してくださった人達、組手の相手をしてくれた人達、水谷支部長、三浦支部長、舩先支部長、谷口支部長ありがとうございました。空手を始めて8年。やっとの思いで取ったこの黒帯は一生大事にしたいと思います。入門したての僕に、仲間の大切さ、礼儀の大切さを教えてくれたのは谷口先生だと思っています。これからは黒帯として恥じないようにがんばっていきたいと思います。試合の時はまたのご指導のほどよろしくお願いします。

この8年間で先生に感謝すべきことは山ほどあります。本当に心から感謝しています。ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

押忍!!

114_201409170100474d5.jpg



『 空手に出会って 』

自分は、6歳の時に極真館に入門しました。入門をしたきっかけは、父親が内気であった自分に外向的な性格と極真にある礼儀を身に付け、心身ともに強くなって欲しいという思いからです。初めて道場に入った時は、大きな気合が飛び交い、活気ある空気に圧倒されました。その頃の気持ちは、たくさんの仲間が作れるか、また厳しい稽古についていけるか不安でいっぱいでした。しかし、谷口先生の優しく時には厳しく熱心に指導してくださったお陰で基本稽古や組手も出来るようになりました。

最初に出た大会では、とても緊張し怖かったですが、勝った時の喜びと負けた時の悔しさを初めて覚える事が出来ました。それからは真剣に稽古に打ち込み「勝ちたい」という気持ちが強くなりました。その結果、優勝も含め多くの賞を獲ることが出来ました。また、昇級審査では帯が上がっていくと共に空手への意欲がどんどん増していき、絶対に黒帯を獲ると決意しました。

入門して7年が経った2013年の冬、世界大会出場が決定しました。京都支部の代表として身を引き締め大会に臨みました。試合会場では、多くの国の選手が出場しており、日本の大会では経験したことのない雰囲気でとても緊張しました。相手はロシアの選手で再延長まで戦いました。スタミナや技のキレが自分を上回っており、悔しい結果となりましたが、大舞台で試合をしたことは自分にとって大きな財産となりました。今後も世界大会に出場し、優勝するという新たな目標が出来ました。

2014年4月24日、昇段審査の日。ついに、小さい頃からの目標である「黒帯になる」という夢を叶える日がやってきました。今まで身につけた事を全て出し切ろうとの思いで臨みました。審査の中で一番きつかったのは10人組手です。後輩や、他支部の先輩方が相手になってくださいました。組手が始まると徐々に緊張もほぐれ、自分の思い通りに動くことができました。しかし、中盤からは呼吸が乱れ始め、気持ちばかりが焦ってしまい、とても苦しかったですが、周りの方の声援が大きな励みとなって無事、戦いきることが出来ました。先生から「おめでとう」と言っていただき握手をしてくださった時は、習い始めてから今までの色々な出来事が頭の中を駆け巡りました。稽古が厳しく逃げ出しそうになった時や、大会で思うような試合が出来なかったこと、また気持ちがくじけそうになって辛かったことなど沢山ありました。

ここまで続けられたのは、谷口先生、京都支部の仲間、そして何よりも家族の支えがあったからです。感謝の気持ちを忘れず、より一層気持ちを引き締めて稽古に打ち込みたいと思います。

押忍。

175_2014082601382342c.jpg


『 昇段審査を終えて 』

今回、昇段審査を受け、無事昇段することができました。極真空手の稽古を始めて8年、楽しい事や辛い事、数えきれないほどたくさんの思い出があります。

自分が極真空手に出会ったのは小学4年生の時でした。新しくオープンする京都支部のチラシを見て、「先ずは話だけでも・・・」と京都支部を訪れたことが始まりです。京都支部を訪れ、谷口先生の話を聞いていくうちに極真空手に対し興味がわき、半ば勢いに押される形で始めることを決意しました。始めた当初は厳しく辛い稽古に対し、嫌になったことや、辞めたいと思ったことが何度もあり、軽々しく空手を始めると言った自分に嫌気がさしたこともありました。試合に出てもなかなか勝つことができず、ただただ日々を浪費している感覚に襲われたこともあります。ですが、試合に出続け、稽古を重ねていくうちに、次第に結果も出せるようになり、空手を楽しめるようになっていきました。
また、稽古を通じて得た仲間や、試合を通して知り合った人達との交友関係は、空手を続けていく上で私にとってとても貴重なものになりました。

空手を始めて6年目の2012年の事です。試合の戦績が評価され、ロシアで行われる世界大会に出場する事が決まりました。昔は試合に勝てず弱かった自分が、世界の舞台に立てている事は本当に夢のようでした。応援していただいたのにも関わらず、結果は初戦敗退という結果に終わったのですが、「継続は力なり」という言葉があるように、空手を続けていく事の大切さを身に染みて実感することができました。また、海外の選手の体の強さや厳しさを知り、改めて更に強くなりたいと感じました。

空手を続けて8年、一つの区切りである昇段審査を受けられる事になりました。基本稽古、移動稽古、型、補強など、多くの面で技術や体力が要求され、当日は緊張のあまり上手く動けていなかったと思います。昇段審査の中でも特に辛かったのが10人組手です。そうそうたる面々の中には、試合で戦ったことのあるライバルや、他支部の支部長や先輩、共に世界大会に出場した後輩がおり、最後までやり切れる自身がありませんでした。ですが初段になる以上、途中で倒れることなどあってはならないと思っていたので、皆の声援を力に最後までやり遂げる事ができました。これも今まで試合や稽古を諦めずに続けてきた事が、自分の中でしっかりと力になっているんだなと思いました。

昇段審査を受けるにあたり、多くの面で沢山の方々にお力添えをしていただきました。黒帯を取る事が終わりではなく一つの区切りであり、逆に新たな始まりだと自分は思います。黒帯を巻くという事の重みをしっかりと感じ、これからも修行に励んでいきたいと思います。8年間ご指導いただきました谷口先生、いつも送り迎えをしてくれている両親、そして道場生の皆さん、本当に応援ありがとうございました。

押忍。

226_20140826013826407.jpg


>>次のページ