『 極真空手 』

自分は小学1年生の終わりに極真館に入門しました。体を動かすことが好きだった自分に、父が空手を勧めてくれたのがきっかけです。入門して最初の頃は、大きな気合も出せず、毎回の稽古がとてもしんどかったです。でも、少しづつ仲間が増えて大きな気合も出せるようになり、稽古を楽しく感じるようになりました。

初めて出場した大会では、緊張しかありませんでした。でも優勝できて、初めて勝ちの喜びを味わう事ができました。しかし、この後は思い通りにはいきませんでした。初級の部から上級の部に変わると、試合で結果を残すことができなくて苦しい日々が続きました。この時初めて 「空手をやめたい」 と思いました。そしてそれを父に言いました。すると父は、「自分が一度空手をやりたいと言ったのなら最後までやり通しなさい」 と言いました。この言葉を聞いて、自分が納得するまでやらないと後悔すると思いました。それからは気持ちを入れ換えて稽古をしました。

中学1年生の時に出場した全関西錬成大会では、久しぶりに決勝に残ることができました。決勝の相手は、自分が小さい頃から目標としていた颯志でした。颯志は世界大会や全日本大会で結果を残していて、練習試合などでは戦ったことがありましたが、地方大会では戦ったことがありませんでした。だから戦えてうれしかったです。そして試合をするとやっぱり颯志は強くて、簡単に負けてしまいました。その時はとても悔しかったです。それから必死に稽古をしました。

1年半後、ついに昇段審査を受ける事が決まりました。自分が一つの目標としていたことだったのでとても嬉しかったです。昇段審査当日、自分が昇段するにあたって、たくさんの人がお手伝いや組手の相手に来てくれました。だから悔いの残らない良い昇段審査にしようと思いました。

審査が始まる前から緊張しました。失敗したらどうしようなどの不安でいっぱいでした。しかし、周りにいたみんなが応援してくれたので少し緊張がほぐれました。いざ審査が始まると筆記・基本・移動・型・補強と順調に進んでいきました。そして最後の10人組手が始まりました。自分が想像していたよりもっとしんどかったです。三人目から息が上がっていてこのままだと危ないと感じましたが、技有りが取れて何とかいけました。後半は必死に技を出し、無事に終えることができました。そして黒帯になる事ができました。

この黒帯は、自分一人でとることは絶対にできなかったと思います。なぜなら、稽古に行くと毎回熱心に教えてくださる谷口先生。一緒に汗を流してきた道場の仲間。何より家族の支えがあったからこそだと思います。小さい時、なかなか試合で勝てなかった自分が空手を辞めたいと言った時、父が止めてくれたことを今でも感謝しています。

でもこれがまだゴールではありません。自分は黒帯いとうスタートに立っただけです。だから、これから黒帯をしめて頑張っていきます。

045_201508110133048e2.jpg

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kyokyokushin.blog63.fc2.com/tb.php/1132-d47a284a