開偉の決勝戦です

2回戦、ウクライナ選手に優勢勝ち。

準々決勝ロシア選手、中段に突きと膝を集めて一本勝ち。

準決勝もロシア選手、再延長で上段膝蹴り技有り。

決勝戦、相手のロシア選手は、初戦で普陽、準決勝で昇央を破って勝ち上がってきました。

膝蹴りを中心に直線的に攻めてくる、圧力が凄い選手です。

開偉も膝の組手ですので、超接近戦での攻防となりましたが、

細かく体をずらしながら、的確に蹴り技を選びました。

最後は本当に意地と執念

4分間の激しい打ち合いを制しました。


5th KWU Kyokushin Open Youth World Championship (3-4.12.2016).
Boys 12-13 -40 kg. Kai Takeuchi (Japan) vs. Mikhail Melnichuk (Russia)




スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kyokyokushin.blog63.fc2.com/tb.php/1337-995d52db