『黒帯になって』

自分は今から10年前の2007年4月に空手を始めました。兄が先に空手をやっていて、その姿を見てとても「かっこいい」と思い、初めはその気持ちだけで空手を始めました。初めの時期は「楽しい」と思いながら出来ていましたが、続けていくつれて自分が思っていたものと全然違うものだと気づきました。そう思ったのは小学校に入学した頃で、「楽しくない」という思いに変わっていきました。友達より早く家に帰ってすぐに用意をして家を出る、自分の中では凄くいやな事になっていきました。そのため、低学年の頃は稽古を真剣にできていませんでした。試合で勝つことも出来ず、自分が嫌になっていました。

ちょうどその頃は兄や弟は試合でたくさん成績を出していて、自分は空手に向いてないのではないかと思いました。そんな時に谷口先生が「お前は兄弟の中ではピカイチのセンスをもっているんだぞ!努力すれば一番強くなれる!」と言われたのを覚えています。その時は本当にうれしかったです。自分はこの言葉を信じて頑張ってみようと思い熱心に稽古に打ち込みました。そのかいがあり、高学年になって初めて優勝することができ、それからたくさんの成績を出すことができました。

それからは改めて「楽しい」思うようになりました。それは試合だけでなく、自分なりに試行錯誤して練習する事や、新しい事を教わる事です。そして、周りがいるからこそ今の自分があるという事に気づかされました。先生や両親、友達といった恩師や家族などに助けてもらっているんだぞと思いました。

この事に気づいた頃、自分にとても大きなチャンスが来ました。それは「世界大会」でした。その時自分は中学1年生でした。出場が決まった時は、本当に周りの方々に感謝しきれませんでした。そして皆に恩返しがしたいと思い、一生懸命頑張りました。しかし結果は初戦反則負け。この時ほど自分を憎んだことはありません。このままでは皆に何もできていないので、「次こそは」と自分を奮い立たせました。そして翌年の世界大会への出場が決まりました。この大会では準優勝という結果で終わりました。皆は「おめでとう」と言ってくれたけど、自分は優勝したかったので本当に悔しかったです。決して満足はしていなかったけど、両親が少し喜んでくれた時はとてもうれしかったです。

そして今現在。黒帯になる事ができました。まさかあんな軽い気持ちで始めた事が、今の自分にとってとても大事な物になるとは思ってもいませんでした。でも先生は「黒帯が本当のスタートライン」と言われているのを聞いて、本当にそうだと思いました。
黒帯になり、教える立場などが多くなると思いますが、今までたくさんの方々が自分に教えてくれたように、これからは自分がたくさんの人にたくさんの事を教えていきたいです。

自分は、先生や両親にまだまだ恩返しできていないので、自分の人生をかけてでも返していきたいです。空手や谷口先生に出会えた事に感謝しています。僕は黒帯になって改めてそう思うことができました。今までありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いします。

押忍!!

CIMG9957.jpg

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kyokyokushin.blog63.fc2.com/tb.php/1403-128b2676