FC2ブログ
『 極真空手 今までを振り返って 』

僕が空手を始めたのは、小学一年生の時です。礼儀を身に付けるためお父さんに連れていかれました。最初は稽古が嫌でしたが、近所に住んでいる友達もやっていたので、やってみようかなと思いました。また、先輩や谷口先生が怖くて道場に行くのが嫌でした。しかし、やっているうちに少しづつ楽しくなって道場に行くことが楽しみになっていきました。初めて出場した支部練習試合で悔しい思いをして、それがきっかけで 「楽しいからやる」ではなく、「強くなりたいからやる」 という思いに変わり始めました。

試合に出るにつれて少しづつ結果が出るようになり、空手が一段と好きになりました。初めて優勝した中部大会では嬉しすぎて凄く泣きました。空手をやってきて良かったなと思えた瞬間でした。

試合に出るごとにライバルが沢山できるようになりました。「ライバルが今練習してる!」 と思うと自然と練習をしたくなり、どんどん練習をしました。さらに、高学年になると言われた練習に付け足したりして工夫することで、もっと勝てるようになりました。
地方大会で優勝できるようになった頃に、全日本大会でも優勝したいという気持ちになってきました。初めて全日本に出場した時は、出るだけで嬉しかったです。しかし、出場するだけで結果が出ないと何の意味もないと思い、もっと練習しないと勝てないと感じました。さらに、地方大会では準優勝が何回も続き、空手がだんだん嫌になり一時期は辞めたくなりましたが、日曜日に走りに連れて行ってくれる保護者の方や、応援してくれる人が沢山いたので、もう一度頑張ろうと思いました。

そして、小学六年生の全日本大会で優勝することができて、お父さんお母さん、谷口先生に恩返しができたなと思いました。しかし、僕は3年間世界大会に挑戦してきましたが、一度も入賞出来ていません。

中学生になって中高生クラスに行き始めました。一番最初は軽めの稽古で、意外にきつくないなと思っていました。しかし、次の稽古で僕は 「こんなにキツい稽古をするんだ」 と驚きました。でも、その稽古のおかげで一段と強くなることができました。

昇段審査を終えて、今は強くなる!上手になる!と同時に、今まで教わったことや発見したことは後輩に伝えていこうと思っています。それが僕にできる一番の恩返しだと思うからです。
今まで指導してくださった谷口先生、いつも応援してくれたお父さん、お母さんありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

押忍!!

CIMG3925.jpg


スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kyokyokushin.blog63.fc2.com/tb.php/1551-920661ce