『黒帯になるための大変さ』 6年生 金子美代4級 

私は空手を始めてもうすぐ4年がたとうとしています。「4年もやってるんやなー」と思いました。
最近の出来事で一番心に残っているのは12月19日にあった審査会です。その日の審査会は、中峰優生先輩が初段の審査を受けるので太陽が丘でやる事になっていました。審査が始まって、型の審査が始まりました。優生先輩の型はすっごくピシっと決まっててすっごくはく力がありました。いよいよ10人組手。最後はすっごくよろよろになっていたのに最後まであきらめずに動き続けていて本当に「すごい!」と思いました。

私はこの審査会で、優生先輩のおかげて、「黒帯になるのにすごく大変ですごくつらくて、でもそれをのりこえないと、それをのりこえてからこそ黒帯になれるんだな」と思いました。私も黒帯になれるように、これからも空手をがんばって続けていきたいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kyokyokushin.blog63.fc2.com/tb.php/216-0f6a6747