007_20120907011537.jpg 010_20120907011648.jpg
9/5(水)の京都新聞に、臣と達也の記事を掲載していただきました。

影で支えてくれた人たちがあっての結果です。

感謝の気持ちを大切に、更に次のステップ目指して頑張ろう

↓↓↓ 京都新聞のHPからご覧になれます ↓↓↓
http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20120905000036


『 アジア大会の試合に出て 』  石橋 臣 

8月5日の日曜日、かんこくでアジア国際大会に出場しました。
大会のために、いつも以上にきつい練習をしてきました。でも、大会の一週間前に39度のねつをだしました。(もうすぐ大会やのにだいじょうぶかな)と思いました。大会2日前にはねつもさがったけど練習できなかったから少し心配でした。8/3(金)にみんながよせがきを書いてくれたのでやる気がでました。

試合前日、先生と藤井さんと一緒にかんこくへ行きました。ひこうきでは気分がわるくなりました。それからかんこくにつき、一度会場へよってからホテルへ行き、ご飯をたべてパンフレットをもらいお風呂に入りねました。

大会当日は体調がよく大会にのぞみました。朝は藤井さんとバスにのって会場に行きました。会場ではアップをしエナジードリンクをのみ試合にのぞみました。

一回戦はカザフスタンの選手でした。この試合はあっさり勝てました。水を飲んで。
二回戦はかんこくの選手でした。相手は足技がうまく手でおしてくる選手だったので、ひざげりと回しげりの合わせ一本で勝ちました。ちょっと休憩をして。
三回戦もかんこく人でした。かなりでかく力の強い選手でした。でもへたくそだったので延長でせめて勝てました。中だんげりでおなかがいたかったです。次の試合までは時間があり、氷わりのえんぶも見ました。体力が回復したので体調がよくなっていました。
準決勝もかんこく人で打ちあって勝ちました。それからエナジードリンクを飲んで。
決勝戦もかくこく人で体もでかく力のつよい選手でした。打ちあってたたかうとおされるのでなんとかまわっていました。引き分けで体重はんていかと思ったけど再延長でなんとか技ありをとり勝ちました。

表彰式では何かわからないけどうれしくてかってににやついていました。
試合のつかれもあり帰りのバスではねていました。電車飛行機にのり帰りました。

今まできつい練習をしていてよかったです。本当にゆうしょうできてよかったです。
一緒にかんこくでたたかった達也くんもじゅんゆうしょうしたのでよかったです。
一緒に練習してきてくれた道場のみんな、谷口先生、一緒についてきてくれた藤井さん、お母さん、ボス、ありがとうございます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kyokyokushin.blog63.fc2.com/tb.php/551-d268c887