『しゃおと空手』 1年生 牧野紫音9級

わたしは、きょねんの8月11日から、空手をならいはじめました。1ねん3かげつたちました。
はじめは、なにもわからなかったけど、いまはちょっとづつわかるようになりました。
けいこは、むずかしくて、たいへんだけど、むずかしいことができてうれしかったり、おびがあがって、うれしかったり、いまはとってもたのしいです。いま、むずかしいとおもっているけいこは、シャドーです。あいてがいないので、とてもむずかしいです。いちばんすきなのは、かたのけいこです。らいねんは、かたのたいかいにでたいです。

つぎに、たにぐちせんせいについて・・・けいこちゅうは、やさしくて、ちゃんと、わかるように、おしえてくれます。でも、たまに、ちょっとこわいときもあります。

さいごに、しゃおのゆめは、くろおびになって、空手のせんせいになって、きょうとしぶ、モモどうじょうで、たにぐちせんせいと、いっしょに、たくさんの人に空手をおしえたいです。
おわり。
オス。

029_20121227111949.jpg 030_20121014205536.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kyokyokushin.blog63.fc2.com/tb.php/610-2bbe5108