『昔と今の自分』 4年生 新井翔大7級

ぼくは、空手を始めてから、2年以上たちます。お父さんが昔、空手をやっていて、そのビデオを見て、ぼくはお父さんにあこがれて、空手をはじめました。ぼくは、この時、空手なんかかんたんと思っていました。なので体験なしで入門しました。でも、すごくむずかしくて、いつもみんなについていけませんでした。だけどぼくは、みんなが組手をやっているところを見て、早くやりたくて、サポーターを買ってもらった時がうれしくて、はめ方を教えてもらいました。これからもがんばろうと思いました。

ある日、お父さんが、「練習試合に出ろよ」と言ったので、ぼくはちょうせんしました。でも負けてしまいました。先生にアドバイスをもらって、もっと練習して、悪い所をなおして、自習もして、練習試合で勝ちたいです。

それから、今年は、「青帯になる」と目ひょうをたてていました。そのために練習をがんばっていたので、目ひょうがたっせいできて、うれしかったです。お父さんもお母さんも、おうえんしてくれたので、ありがとうと思っています。ならい始めのころとくらべて気持ちが変わりました。最初は、かんたんと思っていたことも、すごくむずかしくて、たくさん練習しないと、できない事を学びました。今でも、あいている日に、お父さんとミット練習や、型の練習をやっています。

最後に、これからも、先生やお父さんにアドバイスをもらって、来年も、目ひょうをたてて、たっせいできるように、今までいじょうに練習をつみ上げて、強くなりたいです。

これからも、仲間の一いんとして、がんばっていくのでよろしくおねがいします。

030_20130102231432.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kyokyokushin.blog63.fc2.com/tb.php/614-1c9c2507