『先生、せんぱいに、ありがとう』 3年生 牧野紗那8級

わたしは、カラテを始めて、もう一年がすぎました。入った時は、せんぱいが、やさしくていねいに教えてくれました。今は、教えてくれた人に心からかんしゃしています。練習で一番好きなのは、組手です。組手は先生がいろいろな事をサポートしてくれています。うれしいです。

わたしは、だんたいせんに出れるように、練習しています。来年から、せんしゅクラスに入って、今いじょうに強くなって、大会でゆう勝して先生のようなすてきな人になりたいです。合宿のけいこはしんどいけど、遊ぶ時はすごく楽しいです。かたはあまりすきではありません。たくさんの人に大会でおうえんしてもらってうれしいです。

カラテでわたしがそんけいしているのは、谷口先生です。わたしが先生のすきなところは、「やる時はやる!!」というところです。けいこ中、先生がおこると少しこわいです。でもけいこがおわったらいつもニコニコしていて、いいなと思いました。

わたしは、3月のかんさい大会に出ます。わたしには、かなわない子がいて、その子はすごく強いです。こんども、かんさい大会で当たるかもしれないので練習しています。けいこは、楽しいです。きほんはすきです。これからもっと強くなって、いろんんな人とたたかってゆう勝したいです。

わたしは、かたはにがてだけど、かたの大会にも出ようかなと思います。いろんなせんぱいに礼のしか方や三ちん立ちのし方を教えてくれた人にもかんしゃしているし、お父さんやお母さんにおくりむかえしてくれて、本当にありがとうと思っています。谷口先生にも、一週間に火金土も教えてくれてうれしいしありがとうございます。

これからも、わたしはカラテをがんばります。オス。

031_20130105033304.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kyokyokushin.blog63.fc2.com/tb.php/616-3927bd23