『 空手道 』

僕が空手を習い始めて8年がたちます。習い始めの頃、僕は大会に出てもなかなか勝てませんでした。しかし、僕より先に習っていた晃大は、いい成果をあげていました。僕は基本から真面目にやり、晃大に勝ちたいという気持ちでやっていました。

そして、1年生の時から始まった「全関西錬成大会」。僕はこの大会で初優勝しました。それも晃大を倒して!しかし、そこから4年生までは、決勝まで行きますが勝ちきれませんでした。4年生の「大阪挑戦大会」で、僕は久しぶりの優勝をしました。この勝利から僕のモチベーションは上がります。

翌年の全日本大会では、初めての入賞をしました。この入賞のおかげで僕は達ちゃんと、韓国ソウルで行われるアジア大会に出られることになりました。僕は今まで以上に厳しい練習をし、大会に臨みました。初めて海外に行くという事もあり、緊張がたえませんでした。
大会当日、不安も背負いながら一生懸命外国人に挑みました。出場人数もかなり多い中、僕は海外初優勝しました。同時に達ちゃんも準優勝し、良い成績をもって日本に帰ることが出来ました。

僕はこの年、出る大会全部で賞をとれました。それは、勝てなかった時期にもあきらめずに続けてきたからだと思いました。勝てなかった僕を続けさせてくれた親、一緒に練習してきた道場のみんな、僕に空手だけでなく色々な事を教えてくれた先生には、感謝で頭が上がりません。

そんな僕も先日、昇段審査を受けました。晃大、侑也、達ちゃんと一緒でした。基本稽古、柔軟、補強、型、護身術、そして10人組手をしました。僕達4人は、今までの練習の成果をすべて出しました。

僕達の10人組手のために、同じ関西の仲間や、色んな支部長達が相手をしに来てくださいました。本当にうれしかったです。僕はこれから先もこの昇段審査の出来事忘れません。そして、僕の空手人生に関わってきた人に、これから先も感謝します。

みなさんのご協力と応援のおかげで見事昇段審査に受かることが出来ました。

僕はこれから先、新しく届く黒帯を巻いてがんばっていきます。

144.jpg


スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kyokyokushin.blog63.fc2.com/tb.php/941-0e61e7ef